いちばん悲しいはずの人が、いちばん忙しいお葬式は悲しい。