捨てられないから、お別れすることにしました。