ギフトマナーQ&A ただ、物だけを贈るのは味気ないもの。ポイントをおさえて気の利いたギフトを贈りましょう。

のし紙の使い分け

品物を贈る場合は、のし紙をかけるのがしきたりです。

正式には奉書紙をかけて水引きを結び、のしをつけますが、最近ではのしと水引きが印刷されたものをのし紙として使うのが一般的です。
水引きには「結び切り」「蝶結び」の2種類があります。「結び切り」は結婚、弔事、お見舞いなど1度きりでよいことのときに、「蝶結び」は出産、入学、合格など何度あってもおめでたいことのときに使います。

のし紙の書き方

水引きを中心として、上段中央に何のお祝いなのかを伝える表書き記入します。表書きの例は下をご参照ください。迷った場合は「御祝」と書いておけばよいでしょう。

出産

御出産御祝

命名

祝命名

お食い初め

祝御食初

初節句

初節句御祝、祝初節句

七五三

七五三御祝

入園・入学

御入園御祝、御入学御祝

卒業・就職

御卒業御祝、御就職御祝

成人式

祝御成人

長寿祝い

寿福、祝還暦(61歳)、祝古稀(70歳)、祝喜寿(77歳)、
祝傘寿(80歳)、 祝米寿(88歳)、祝卒寿(90歳)、祝白寿(99歳)、祝百寿

新築

御新築御祝、御新居御祝

退職

祝御退職、祝御退官、御餞別

受賞

御受賞御祝、祝受賞

のし紙のかけ方

のし紙をかけたとき、裏面で重なりあう場合があります。このようなとき、慶事か弔事かによって、のし紙の重ね方が変わります。
慶事の場合は、贈答品を裏返したとき紙の右端が上にくるように重ね合わせます。弔事の場合は、贈答品を裏返したとき紙の左端が上にくるように重ね合わせます。

送り状の文例

ギフトショップやデパートから贈答品を配送するときは、物を送って済ませるのではなく、電話や送り状で感謝の気持ちを伝えましょう。 送り状を書くときに気をつけたいのは、以下の4点です。

  •  時候の挨拶を文面に織り込む
  •  どこから何を贈ったかを明記する
  •  贈った理由(日頃の感謝、返礼など)を分かるようにする
  •  品物より前に送り状が届くように送る

文量はハガキに収まる程度で十分です。親しい友人や家族へ送る場合は、メッセージカードなど親しげなものも喜ばれます。

両親・親類など目上の人への送り状文例
両親・親類など目上の人への送り状文例
取引先への送り状文例
取引先への送り状文例
友人への送り状文例
友人への送り状文例